元々黄金週間てのは

映画が娯楽の花形だった時代の
映画館が大型連休で書き入れだったからなのですが
交通渋滞をものともせず
家族サービスの名の下に
お出かけをする大人も子供も忍耐力を試される期間でした

コロナ禍で行動制限がかかってからは
いかにして家で過ごすかの工夫もなされましたが
久しぶりに行動制限のなかった今年は
鬱憤晴らしとばかりにこぞって外出される方々が

新規感染者が減ってるからいいじゃんと言われそうですが
検査をする機関がお休みなので
そもそも検査数が少なめだから
見せかけ上の新規感染者が少ないのです

この反動で連休明けは
検査数がまとまるし
調子こいて羽目外し過ぎた方は
潜在的感染者予備軍なので
ほば確実に新規感染者数は
前週比で増加するとして
おそらく政府はまん延防止等重点措置を
またまたしなさいと言ってくる

さあこのいたちごっこはいつまで続くのか
関連記事