どこをどうしたものか

利益を追求するのが商売の鉄則

それをそのまま地で行くならば
他の者を出し抜いて
今期の業務を開始すれば
独り勝ちをすることも可能だろう

もちろん費用を抑え込むには
多少の不具合などには目をつぶり
安価な装備を申し訳程度に
揃えて審査を通せばすむから
細かい運行については
船長に責任を被せ
知らぬ存ぜぬで逃げ切ろうという
こういう社長に誠意を求めることの
なんと虚しい事よ
関連記事