ベルリン大会以後

アテネで採火し開催国内を巡る聖火リレーで始まり、
盛大な開会式を挙行するのを、
様式とするようになっていく

時の政権が五輪を政治的に利用した代表例なのだけども、
表面的な華々しさや、
それによるお祭り騒ぎに乗じて、
国民に国内の惨状を見えないようにしたのだ

もちろんこの当時は、
現在のように情報技術が発展していないので、
プロパガンダによる情報操作が容易であった

さらに時代は下り、
スポーツ界の一大イベントとして、
商業的な興行要素が加わると、
世界的な好景気の後押しもあり、
そこに巨大な利権がついてまわる

コロナ禍さえなければ、
単なるお祭り騒ぎとして、
一応の成功を収め、
政治家の遊び道具という側面に、
ここまで光は当たらなかっただろうに

国民と苦楽をともにしない自民党による、東京オリンピックの政治利用 - 村野瀬玲奈の秘書課広報室

関連記事