昔よりDNA鑑定は正確にはなりましたが

通り魔的な犯行説を採るわけですね。もしかしたら、これは勘ぐり以外の何者でもないのですが、警察関係者とか言うオチはないでしょうね。若手の不祥事でこんなの最近多いですから。実際のところデータベースにアクセスできるのは警察関係者でしかないのですから、都合の悪い情報は発表しないでしょ。多少なりとも不審者の目撃情報も出てこないなんて、何か意図的に隠してませんか?

現場からリュックが無くなっていたことに続いて、また新たな謎が出てきたみたいです・・・。引用遺体から男のDNA=周辺関係者と一致せず―25歳女性殺害・警視庁 東京都中野区のマンションで住人のアルバイト店員加賀谷理沙さん(25)が殺害された事件で、遺体の口や手から男のDNAが採取されていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。 加賀谷さんの周辺関係者から任意で採取したDNA型とは一致せず、警視庁中野署捜査本部は...
犯人に関する手がかりが複雑に、中野区25歳女性殺害事件

関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

こんばんは
この事件は交友関係のある男の犯行だと思いました。下の階の男性の通報で警察官が来て、一度は男を確認しています。そう難しい事件でもないような・・・早期解決だと思われましたが。。

強盗、強姦、怨恨によるものではないとすれば、何でしょうね。
階下の男性が
怪しいと思っていたのですが、サスペンス物の見過ぎだったようです。物音を聞いた証言が、この方からしか出ていないので疑いましたよ。もっとも都会生活では、周囲と関わりが濃い方が珍しいですから、普通のことなのかも?田舎の暮らしからは、考えにくいですが。

唾液が採取されているということは、強姦目的だとおもわれますが、その他の物証が報道からはでてません。この辺が何とも不可解な事件です。

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople