堅気の衆には迷惑かけず 内輪で処理してね。

反主流派は当然不満を持ち主流派と揉めるのは、どこの世界でもままあること。しかしながら、暴力団同士の抗争となれば、当然舌戦だけでなく実弾が飛び交う。小さい部屋に隔離して闘魚の如く戦うのであれば堅気の衆に被害はないのだが、そんなことはあるわけがない。山一抗争当時は小学校高学年でそれこそ映画みたいなことが現実にもあるんだなぐらいの感じで見てたわけだが、さすがにご時世が違うだけに派手なドンパチは極力せずに暗殺とか、どっから見てもふつうのあんちゃんが殺し屋なんて世の中が来るかもしれん。だとすれば、普通に生活している中でも流れ弾食らって人生終わりなんて事も。アメリカのような銃社会じゃないのがある意味救いか?あれぐらいの銃社会だったら、みんな疑心暗鬼で撃ち合いだわさ。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

こんにちは
かつて…極道の衆は堅気に迷惑をかけることを恥としていたというようなことを聞きましたがそんなことはもう昔の話なんでしょうか…。
どんなに内紛をしようと勝手ですが絶対市民に犠牲が出るようなことだけはやめて!と叫びます。
流れ弾くらって絶命、なんてそんな悲しい終わり方だけは誰にもしてほしくないですもの。
確かにかつては
サンピンはともかく極道の幹部ともなれば、一般人より礼儀正しいかたもおられたようです。「ゴッドファーザーの息子」でも少しふれられていますが、手塚さんの級友の家は、大親分なのですが手塚さんに対して、子どもと侮らないで丁重にあいさつをしている。真っ当な商売でないことを恥じいる気風が感じられます。

シノギ第一の昨今は、親分といえどもサンピンに毛の生えた程度なのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople