投資は自己責任で あくまで原則だが

さて東京株式市場が前日終値より平均株価を上げて終わった。これで世界同時株安の歯止めのきっかけとなるだろうか?上海はすでに市場としての機能を失っている?のだから、全然無視してもよいのだと個人的には思う。どこの国でも市場介入は行いますけど、完全に国家が保障する株式なぞ正直意味があるのだろうか?改革開放路線の目玉事業なのだろうが、政府の介入でいくらでも下支えがあるからと株式に興じた結果、実態のない株価高騰、さらには不動産市場の高騰をまねきそれこそ約20年前の日本を見るがのごとく、巨大なバブルの破綻と鳴った。
もちろん中国政府はバブル破綻を公式には認めないし、経済成長率目標も7%を目指す方針は変えないだろう、元々中国で発表されるこの手の数字は、政府の意向に沿った形で調製された物でいわば大本営発表に他ならない。元々張り子の虎を本物と見せかけたし、その幻想に踊らされて中国への投資は過熱した。確かに、地球上で一番の国民を抱える国だけに市場規模は大きいのだが、市場主義経済のまねごとをしてるだけだ。奴らの茶番につきあうのはこの辺にした方がよい。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

河内山宗俊さんへ!!
おばんです!
今回は主に中国のバブル崩壊がもたらした株安と思いますが、どうせ大金持ちのお遊びには庶民は無関係です。汗)
アベノミクスも破綻すれずれです。金持ちのために国家の税金を使うことには断固反対ですねー。!

厚労省等が貴重な税金を投資しています。株は上下するのが当然なのです。上がったときだけ威張りなさんな・・と言いたいですね~~渇)
そういえば
過去には年金原資を株で運用して、儲けを出すはずがあえなく失敗という、笑えない話がありましたね。
市場は政府といえども、自在に操れるものではないのです。

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople