げにすまじは宮仕え

今日も今日とて、漫才的な話題の2中将。

真世駒中将は、相も変わらず虎の巻作り。かたや磯風中将は昔の経験の繰り言。その直属の上司に至っては、自分の行動基準でしか理解不能という何とも壊滅的ともいえる状況に。それらに囲まれる万年古参兵の心情は、やり場のない怒りに満ちている。一言「あんたらがいるから仕事が進まん。」と言ってしまえば楽なのだが、そうもいかんのが宮仕えのつらいところ。

関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople