FC2ブログ

タレント一人がどうなろうと正直知ったことではないが

おいらが思うに過度に清純を期待する方がまちがってんじゃないだろうか。約30年前の成功体験から脱しきれずに恋愛禁止などを強制して、そのイメージ先行の幻想により人気をつかもうというのは、絵に描いた餅以前のものだろう。

隠れてエロ本など買わなくても掃いて捨てるほどその手の情報が手に入る。
AV輸出大国などと陰で揶揄されるぐらいなのだから、いい加減この現実から目をそらし続けるのは、ある意味でコントだ。

昔と違いあらゆるところから情報の漏れる時代になっているのだから、プロダクションがいくらタレントのイメージを操作しようとしても、余程タレント本人が注意を払わなければ、徒労となってしまう。まして20代の若い娘にあれこれ指示をしたところで、とうてい言うことなど聞くまい。

イメージが壊れたことでファンは激怒しているようだが、2次元のキャラクターではなく生身の人間なのだから、ファンの都合の良いように振る舞わなければならない道理はないのだ。まあAKB商法の犠牲者という点では、どちらも痛み分けということになろうか。

ただ、この1件で柏木由紀個人に責任を押しつけ、ほっぽり出すということになるのならば、秋元康のプロデュース力については?をつけるね。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople