おいらはマイノリティ?

いつ頃のCMだったか忘れたが、英国貴族は傘を差さなかったらしい。基本帽子をかぶっていたのは傘代わりだったとか。
武士は食わねど高楊枝の英国版なのかも?

おいらの場合、生来足が悪く傘が風にあおられて転んでしまったり、手に何か持つとバランスがとれないことから、雷雨の中でも基本傘は差さない。別に酸性雨にさらされても、いきなり溶けてしまうわけではないのだからだ。それに帰宅次第体をよく拭くようにすれば、基本風邪はひかないという話も聞いている。

TDLのスプラッシュ・マウンテンでの対応も、日本人と欧米人では正反対と聞く。やはり国民性なのだろう。

きょう6月11日は「傘の日」らしい。梅雨入りのタイミングだというので、傘の業界団体が定めた、という。日本での傘の消費量は、年間で「1億2~3千万本程度」との推計値が出ている。    http://www.jupa.gr.jp/pages/faqということは、国民一人が、1年に1本の傘を買っている計算になる。これは、世界レベルで見て、異様に多い数字らしい。そういえば、私も、一昨年と昨年に、コンビニと100均で1本ずつ買っているので、平均値ど...
6/11(木)

関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople