FC2ブログ

退くのも責任、最後まで勤めるのも責任

どうなんじゃろうね、この時期の休養ってのは?今季のオリックスは前評判はものすごく高かった。しかしながら相次ぐ故障者の続出。特に金子さんのケガが尾を引いちまった。勝負は下駄を履くまでわからんを地でいってしまった訳だ。

このことは監督さんが責任を1人で背負い込むことで解決できる訳はないのだが、責任をとる形での休養、ヘッドコーチなどが代行するというのが日本球界のセオリーとなっている。しかし、逆に1年苦しみながら最後まで勤め上げるのも、それはそれで立派な責任の取り方だと、おいらは考えるのですが。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople