まさかこんな展開とは

立ち会いに逸ノ城がまわしをとれなかった時点で、ほぼ白鵬の勝利かと思いましたが、小手投げ気味の突き落としでまさかの逸ノ城勝利。初日に弱い印象が白鵬にはあったのですが、なんと初日の敗戦は約3年ぶりとのこと。

ただ、この横綱は場所中に欠点を修正してスルスルと勝っていくことに関しては、まさしく当代一。解説の北の富士さんも言ってましたが、まずハンデをつけてやったぐらいのことなのでしょう。百戦錬磨の横綱もやはり人の子、初日の重圧はかかるのかもね。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople