ふと思い出したが

今日は祖父の命日だ。平成4年だったから23年になるわけだが、当時おいらは高2、亡くなったのが真夜中だったから、ばたばたしている間に登校時間に、とりあえず学校に行き早朝だったので担任はまだ来ていなかったが、仲のよい友達に事情を話し伝言を頼んで、帰宅した。

祖父とは小学校時代からよく口げんかをした。まあ原因は他愛のないものばかりだったが。他の友達の家はファミコンで遊べる時間が決められていたが、おいらの家は基本無制限だったため、たまり場とかしていた。座敷のテレビを長時間占領される祖父からしてみれば、おもしろくないことこのうえない。最終手段的に家のブレーカーを手動で落とされたこともあった。こうなっては、おいら達は黙ってテレビを明け渡すほかにはない。

時代劇や相撲中継が好きになったことも、多分に祖父の影響があるわけだが、家の者に言わせれば、当時祖父と口げんかとはいえまともに喧嘩したのはおいらぐらいであった。正確が似たもの同士だったので、当然かもしれない。

まあ、もし生きていたらさぞかし怒られっぱなしだろう。もっともそのまま黙って聞いているおいらでもないから、今以上に騒々しい家だったかもしれない。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople