FC2ブログ

サッカー協会は自己弁護に必死

アギーレ監督の八百長疑惑で、サッカー協会は会見を開いたが、何ともいえない会見だった。

すべては就任時の素行調査が甘かったのですが、任命責任を回避する事に腐心。どこかの内閣でやってることと変わらない。ただ、内閣は解散総選挙ですべてをうやむやにしてしまったが。

アジアカップでの影響を心配しての、事態の収集を狙ったのだろうが、かえって逆効果だったな。選手のモチベーションは下がるし、これでは練習に集中できまいて。もっとも、モチベーション云々を騒いでいろいろ言う選手は、本当の意味でのプロフェッショナルじゃないけどさw
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople