FC2ブログ

ほらねというかなんというか

舞鶴女子高生殺害事件で、状況証拠のみの起訴により裁判を受け、採取的に無罪の判決を得た元被告が、殺人未遂事件をやらかしたようだ。今回は目撃者もおるので、殺人未遂で逮捕起訴が可能だが、刺された方は、かなり重傷な用だ。

無罪判決後の万引きや、今回の事件を起こしていることからすれば、サイコバスとは言わないまでも、相当に危険なな人物であることが想像できる。相手が先に手を出してきたからといっているが、元被告自身は特にけがを負っていない。むしろ相手の上半身wなんども執拗に刺していることから、相当な殺意があったと推測できる。

舞鶴事件でも京都府警は、元被告の危険性を十分指摘していた。しかし、状況証拠のみのこと、新たな証拠品が集まらなかったことなどから、大阪地検が上告を見送った。全ての犯罪者がそうだとは言わないが、こういう危険性をもった人物を再び一般社会に放たないためにも、無期懲役を廃止し、終身刑の導入。及び更正の見込のない死刑囚の早期の処刑を願いたい。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople