FC2ブログ

結局そうなるか

双方の主張が折り合わず、2回目の離婚調停をもって調停離婚は不成立となりました。その際調停委員さんから離婚申立の取り下げを勧められましたが、取り下げるということはそもそも円満な方向に進みこうなったのは一時の気の迷い」的な気持ちが芽生えた結果だと考えるので、敢えて不成立という形を取りました。
しかしながら、すぐに離婚裁判に進むというのは難しいとの見解もいただきました。いちばんのネックは別居期間が約半年と短いこと、これでは訴訟提起する前提条件としての夫婦関係の破綻の裏付けにするのには、理由が乏しいと思われるとのことでした。実際3年ぐらい前から離婚は考えていましたが、相手方の住所などのことを考えて申し立て等に踏み切らなかった甘さがいけなかったと言うことです。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople