カド盤のときは

何気に強い豪栄道。場所前は完全に稀勢の里のための場所というものを、見事なまでにひっくり返し、独走状態を完成させつつあります。
今場所に限っていうなら、引き癖がでていない。もともと相撲はうまいのですが、態勢が悪くなると、引いたり首投げに頼って、かえって相手の思うツボになることがしばしば。これさえなければ、すでに横綱でしたのに。
同級生の稀勢の里は、プレッシャーに弱いところで、すでに綱取りは完全に無理な状態。安定感は大関陣の中で一番あるのに、もったいないことこの上ない。
このまま豪栄道が優勝したならば、稀勢の里の電撃引退なんてあるのかな?
どちらにしても初優勝という時点で、いかに日本出身力士が弱いということを証明してしまっている。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople