熊本地震

収束に向かう気配がありませんね。活断層が多い地域ということで、連鎖的に地殻変動が起きているようです。加えて今夜からはまとまった雨が降るとのこと。さらなる被害拡大が警戒されるところです。
このような中で悪質なデマをネタとして、拡散した話がでています。被災された方々が、次々と起こる余震の恐怖に負けず前向きなのに、なんとも残念におもいます。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

No title
災害に強い防災都市・熊本

熊本は地震が無いから大地震への対応ができないという話を聞くが、とんでもない誤解である。
実は、熊本県人は災害に慣れている。
熊本は、毎年のように大きな台風の被害、水害、土砂災害がある。
特に屋根瓦が飛んだり、大規模停電するのは慣れている。
だから市民は、地震に驚くものの被害には動揺しない。
ただし、失敗もある。
大雨や台風は一度過ぎると戻って来ない。
だから大きな災害の直後、熊本県人は安心しがちだ。
最初の地震の後、避難先から家に戻って夜の地震で犠牲になった人が多いのも、そのせいである。
台風を避けた後、避難所から戻ってしまう感覚が出たのである。
また昨日の晩、多くの人が市街に出ているのを中継などで見た人も居るだろう。
あれも台風が通り過ぎた後の熊本県人の風習である。
大きな台風の後、皆で、どのくらいの被害が出たか見に行く癖が出ているのである。
そのような失敗はあるが、熊本県人は災害に強い。
だから、直ぐに復興できるだろう。
熊本県人会さん
さすがに根性なしの千葉県民とは違いますな。地震がいつまで続くかわかりませんが、熊本城の復旧もふくめて復興に邁進していただきたいです。
こんにちは
一刻も早い終息が望まれます。と言っても自然相手のこといつになるのでしょう・・
そんな時にデマを拡散するとは情けないやら腹立たしいやら。
でも「熊本県人会」さんのコメントを拝見し、さすが九州の人は違うなあと心強く思いました。
頑張れ熊本!

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople