北の第一書記様が

日韓の慰安婦問題合意は政治的駆け引きの産物であり、実効性などはないといわれたそうで。確かにおっしゃるとおりなのです。が、あちらの真意は、アメリカに韓国が再接近する選択をしたことを非難したという訳さ。

中国は好景気を背景に、韓国製品の重要な輸出先だったわけです。嫌韓が日本ほどは酷くなかったし、反日の同盟国というような関係でしたから。ところが最近中国も経済的に危うくなり、以前程は日本に対して強気ではなくなった。

こうなってくると、どこかに後ろ盾がないと安心出来ない朝鮮族の性か、やっぱりアメリカさんの言うとおりにしたほうが何かと得ということで、日韓とも形だけは整えて合意したようなものだ。

最近中国からも呆れられ、なんとなく韓国を非難する事をためらっていたようですが、韓国がアメリカにまたまた接近しては一人ぼっち。自身の指導力にいささか自信のないだけに、ちょっとだだコネタという感じですな。
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

No title
コメントをどうぞ
No title
明けましておめでとうございますo(^o^)o
今年もよろしくお願いしますm(__)m

それにしても新年くらいは半島連中にはおとなしくしていてもらいたいものですが、
連中には新年を祝うという習慣が無いんでしょうかね。
冗談はさておき、自分も昨年末いくらいってもわからない人に遭遇したので、
半島連中も何をいってもわからないよなと毎年ウンザリしております。

今年が河内山さんにとってもよい年になりますように\(^o^)/

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople