FC2ブログ

優勝の方が転がり込んできたが

最終的には日馬富士に2年ぶりの優勝となった。個人的には日本人力士にも優勝のチャンスがあっただけに残念至極としかいいようがない。白鵬の「ねこだまし」には批判の声が高まっているが、横綱は横綱相撲で勝たねばならぬというのはおいら的には間違った先入観だと思う。

常陸山関以前の横綱には横綱相撲の型みたいなものは存在していなかった訳なのだから、無理矢理その型にはめることが理想ということはなかろう。むしろその型を意識しすぎるあまり持ち味を殺してしまうのでは、角を矯めて牛を殺すようなものだ。

史上最多優勝の記録保持者である白鵬もやはり人の子なのだろう、最近は終盤に取りこぼすことが多くなってきた。元々稽古嫌いで通してきただけに、ここに来てようやくメッキがはげたのかも知れない。電撃引退もあるのかという噂が飛んでいるしさっさとはっきりさせて欲しいものだ。本人としては帰化申請して親方として相撲協会に影響力を残したいのだろうが、引き際というものもある。先輩の大横綱を参考にして、花のあるうちにやめた方が良いのじゃないのかな?
関連記事
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople