FC2ブログ

大きなお世話かも知れないが

ここに来て平均株価が4連騰。字面だけ言えば景気に明るさなのかも知れないけど、上げ幅が小さいですからそんな実感なんてないよな。外国の機関投資家任せだから単純なマネーゲームに他ならないわ。もっとも政府からしてそのマネーゲームをあおっているだけなのだから始末が悪い。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

厳密に言うと違うんじゃが

FX関連という感じなので。

韓国はここに来て日本に対し、スワップ協定の再度締結を騒ぎはじめている。しかしながら、この事態を招いたのは韓国政府が「期限の延長はいらない」と言ってきたからなのだ。「歴史認識等が気にくわない」などと理由をこねたうえでね。それこそ自業自得も甚だしく、これで日本が応じてしまってはそれこそ韓国をつけあがらせる。それ以前に日本だって韓国なんかにかまってられる余裕はない。最後まで気を緩めずに突っぱねてしまっても、こちらにとってメリットが多いと思うのだ。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

米国 失業率は改善だが

米国雇用統計は予想よりも悪かったようで、市場は円高に傾きつつありますね。いよいよアベノミクスの終了フラグが鮮明化してきてしまったようで、東証も18,000円台を割り込んじまった。こっから坂下るようにってのだけは勘弁願いたい。インドネシアの高速鉄道計画も白紙で仕切り直し。なんかいろいろ弄ばれてる感じがするのは、気のせいかいな?
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

またまた南アランドは弱気一辺倒

ここにきて原油価格がじりじりと上げてきてますね。株式書状の低迷から資金移動が始まったのでしょうか。ここがまた草刈り場になると、ガソリン価格が高騰して景気減速の要因となりそうです。

南アランドは円に対して落ち込んでいますね。これは正直耐えるしかないのでしょうか?きついね
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

投資は自己責任で あくまで原則だが

さて東京株式市場が前日終値より平均株価を上げて終わった。これで世界同時株安の歯止めのきっかけとなるだろうか?上海はすでに市場としての機能を失っている?のだから、全然無視してもよいのだと個人的には思う。どこの国でも市場介入は行いますけど、完全に国家が保障する株式なぞ正直意味があるのだろうか?改革開放路線の目玉事業なのだろうが、政府の介入でいくらでも下支えがあるからと株式に興じた結果、実態のない株価高騰、さらには不動産市場の高騰をまねきそれこそ約20年前の日本を見るがのごとく、巨大なバブルの破綻と鳴った。
もちろん中国政府はバブル破綻を公式には認めないし、経済成長率目標も7%を目指す方針は変えないだろう、元々中国で発表されるこの手の数字は、政府の意向に沿った形で調製された物でいわば大本営発表に他ならない。元々張り子の虎を本物と見せかけたし、その幻想に踊らされて中国への投資は過熱した。確かに、地球上で一番の国民を抱える国だけに市場規模は大きいのだが、市場主義経済のまねごとをしてるだけだ。奴らの茶番につきあうのはこの辺にした方がよい。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事
ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople