FC2ブログ

ファンとしてはほっとしたのだろうけど

SMAP独立問題、木村さん以外のメンバーが事務所にわびを入れる体裁で、どうにか火消しをはかったわけだが、会見の様子を見るに心底からのわび入れという感じは残念ながら読み取れなかったね。実際何か心にきするところがなければ独立なんて話にはならないのだろうし、一時代を築いたグループでありながら事務所内では案外粗雑に扱われていたという話が出ちまうところが何ともお粗末。

芸能プロなんてものは一代鑑札みたいなもので、世襲を画策するというメリーさんにも無理があったのじゃないでしょうかね?これがジャニーズ事務所の終わりの始まりということになれば、アンチジャニーズのおいらとしては朗報なのですが。所詮芸能界なんてところはやくざの世界と大してかわらんのだから、何が起ころうと知ったこっちゃない。これがおいらの本音。改めてどこにも老害の種は尽きないね。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

さんまさん、まあおっしゃるとおりなのですが

大概キャスティングは所属事務所とNHKの力関係で決まっているのは、芸能界に籍を置くさんまさんが一番よく知ってるところじゃないでしょうか?それに今の現状を見ればおわかりのとおり視聴率など関係のないNHKさんが、必死で若者に迎合?しようとしている。昭和の時代の栄光よもう一度って訳なのでしょうが、昔と違い紅白歌合戦をみないと年が明けないって人はもういないのですよ。

当初はその年に活躍した歌手を一堂に集め、豪華なお祭り特番としての価値が大きかったし、NHK以外の各局に大晦日の目玉番組はなかったし、NHKに出たってだけでそりゃあものすごく箔がついたもんです。その点で行けば同じNHKの朝ドラだって、主役起用されれば注目度は大幅に上がり、その後の仕事も順調にって時代もあった。

今の紅白はそれこそ学芸会に毛の生えた程度のものなのですから、ジャニーズAKBなどが幅をきかせたところで、何ら問題もないのです。それに今年はV6まで出てます。ついにNHKもここまで芸能プロにごまするようになったかという感じですよ。ああ、美空ひばりさんがいた頃の紅白が懐かしい。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事
ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople