カド盤のときは

何気に強い豪栄道。場所前は完全に稀勢の里のための場所というものを、見事なまでにひっくり返し、独走状態を完成させつつあります。
今場所に限っていうなら、引き癖がでていない。もともと相撲はうまいのですが、態勢が悪くなると、引いたり首投げに頼って、かえって相手の思うツボになることがしばしば。これさえなければ、すでに横綱でしたのに。
同級生の稀勢の里は、プレッシャーに弱いところで、すでに綱取りは完全に無理な状態。安定感は大関陣の中で一番あるのに、もったいないことこの上ない。
このまま豪栄道が優勝したならば、稀勢の里の電撃引退なんてあるのかな?
どちらにしても初優勝という時点で、いかに日本出身力士が弱いということを証明してしまっている。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

なにをやってんだ

稀勢の里。白鵬がいないチャンスにいきなり黒星とは。正直やる気がないように感じられてしまうがな。
秋場所はそんなに荒れる場所ではないはずなのですが、上位陣の不甲斐なさが目立ちますな。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

明暗が分かれてる

ほぼ同時期に大関になった琴奨菊と稀勢の里。しかしながら今場所では見事な好対照となっている。泥沼の4連敗と、無傷の4連勝。琴奨菊に至っては何か体の不調を隠しているかのように元気がない。角番の多い大関とは言うが、何か不調があるならば早めに治療することが肝要なのだが。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

稀勢の里好発進?

まだ始まったばかりではあるが、好スタートを切ったね稀勢の里は。白鵬が好調なのでこの辺をどう攻略するかにかかってますけど、かたやもう一人の日本出身大関でちょっとだけ先輩の琴奨菊いきなり躓いてるね。やっぱり離れてとられると手も足も出なくなっちゃうのは問題だよね。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

新十両で8連勝の佐藤さんも良いが

技の多彩さで大注目の宇良さんもいいよね。最近は大柄な力士ばっかりで技のキレで勝負するタイプが少なくなってきた。あと土俵際でしぶとさを発揮する力士もいなくなったね。幕内は白鵬、稀勢の里に優勝争いが絞られて来た感じだが、やはり白鵬の目に見えない衰えが、変化をしてみたり荒々しい取り口をしてみたりするところにもでています。
ただ、これをまんまと食らってしまう側にも問題があるわけですので、「横綱らしくない取り口は、けしからん」というのは当てはまらない気もするのですよ。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事
ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople