FC2ブログ

なんだよね

貴乃花とはほぼ同年代のおいらからすれば、単なる子供の喧嘩レベルの言いがかりだし、日馬富士を引退においこみこそしたが、自分自身の進退もかかっちまってる時点で、喧嘩のやり方がへたすぎるね。
黙ってれば、どんどんぼろが出てあわよくば理事長やら白鵬あたりまで、影響を及ぼして前回の理事長戦の敵討ちでもできるつもりだったのかもしれないですが、もともと変わり者として人望がない時点で、単に駄々をこねている中学生のようになっちまってる。モンゴル人力士を衰退させるきっかけとしては悪くはなかったんだけどね。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

これも勝負なんじゃけど

後味の悪い取り組みとなってしまいましたね。もっとも白鵬は最近の対戦成績からスピード勝負は分が悪いとして、斜め方向から攻めることを意図していたはず。日馬富士も今場所の自身の調子が悪いことから、とにかく当たり負けをしないことを主眼に猛然と突っ込んで行った。それがあのような結果を呼んでしまったということなんでしょう。申し合わせがなかったとすればね。

ただ、この決まり方は八百長相撲にありがちなパターンですので本当に残念です。一番残念だったのは琴奨菊、結局ぎりぎり勝ち越しただけになっちまったし。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

優勝の方が転がり込んできたが

最終的には日馬富士に2年ぶりの優勝となった。個人的には日本人力士にも優勝のチャンスがあっただけに残念至極としかいいようがない。白鵬の「ねこだまし」には批判の声が高まっているが、横綱は横綱相撲で勝たねばならぬというのはおいら的には間違った先入観だと思う。

常陸山関以前の横綱には横綱相撲の型みたいなものは存在していなかった訳なのだから、無理矢理その型にはめることが理想ということはなかろう。むしろその型を意識しすぎるあまり持ち味を殺してしまうのでは、角を矯めて牛を殺すようなものだ。

史上最多優勝の記録保持者である白鵬もやはり人の子なのだろう、最近は終盤に取りこぼすことが多くなってきた。元々稽古嫌いで通してきただけに、ここに来てようやくメッキがはげたのかも知れない。電撃引退もあるのかという噂が飛んでいるしさっさとはっきりさせて欲しいものだ。本人としては帰化申請して親方として相撲協会に影響力を残したいのだろうが、引き際というものもある。先輩の大横綱を参考にして、花のあるうちにやめた方が良いのじゃないのかな?
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

へろへろな白鵬でも倒せぬのか?

早くも休場となってしまった日馬富士。手術したばかりの肘を強打しての休場だけに、このまま復帰が長引けば現役引退という事になりそう。今場所は白鵬の相撲に今までの安定感がないだけに、日本人力士にとっては久々の優勝を手にできるチャンスなのだが、どうも大関陣がぴりっとしない。琴奨菊豪栄道は連敗、稀勢の里は早くも土だ。日馬富士の同部屋、照ノ富士のみ連勝なのだから、いったいどこの国技?なのだろうか。最近興行的には盛況になりつつあるが、ちょっとさみしい名古屋場所だ。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

とうとう大鵬に並んだが

白鵬がいよいよ大鵬にならぶ優勝回数32回を達成した。ただこの記録の立役者は、その他の上位陣のふがいなさだ。北の富士さんが言っていた言葉が、このことを表現している。
「若手の台頭と言われているが、白鵬が以前よりも衰えただけで、13勝以上を安定して勝てる力士がほかにいない。」

今場所の注目は、逸ノ城がどこまで怪物ぶりを発揮するかだったのだが、下のものには通じても上位陣にはまだまだと言うことを見せてしまっていた。遠藤にもいえることだが、上位陣の攻めの厳しさ特にスピードについていけない。やはり力任せに振り回すだけでは、せいぜい関脇止まりということになる。

大関陣では稀勢の里が一人気を吐いたが、琴奨菊豪栄道は負け越した。けがなどの要素があったにしても、本来横綱に劣らぬ成績を残すことが至上命題であろう。稀勢の里は元々相撲のうまさはあるのだが、気持ちのコントロールが苦手なのか大事なところで取りこぼしが多い。

鶴竜は今場所は調子がよかったが、来場所にも同じような成績を残せるかが気がかりなところ。日馬富士は今場所はけが明けと言うこともあり進退問題にはなっていないが、来場所はいよいよ正念場といえる。

栃ノ心は膝のけががよくなり、ダークホース的な存在だったが、来場所が鍵となろう。だがけがのおかげか無理な投げなどがなくなり、以前よりも安定性が出ている。

ここまで書いてもわかるとおり、白鵬にはライバルといえる力士が存在しない、まさに一人勝ちできる要素が多いのだ。であるから、回数では大鵬と並んだが、内容としては薄っぺらい感じが否めない。今場所は比較的近年では大入りな場所だったが、このまま白鵬の一人勝ちの時代が続けば、また興行的に苦戦する時代が来るだろう。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事
ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople