FC2ブログ

メディア戦略で

善戦を強調していた石破陣営ですが、Gくんブログさんは下記のように一刀両断されています。

1(石破氏の作戦)
分析してみます。これだけ石破氏が、反自民的野党的な批判をしても、なぜ45%の得票ができたか!?です。先ず”自民党員=保守派国民=自民党支持者”は、必ずしもイコールではないことです。今度の総裁選で、石破氏が党員票45%獲得できた要因は、自民党の政策を支持する母集団が、同心円の関係になっていない(→下記2イメージ)ことなんでしょうね。このことを、石破氏は最初からわかっていて(だれでもわかっていますが行動しないだけw)、党員票に絞って大手メディアに乗っかって、その作戦で選挙戦を展開した。

2(石破氏の得票は誇れるものか!?)
自民党員(国民の1%)の母集団をA、保守派国民のそれをB、自民党支持者のそれをCとする。数(人口)的には、自民党員(102万人国民の1%)<保守派国民<自民党支持者(国民の35・8%※) です。保守派国民Bと自民党支持者Cの母集団は、ほぼ同心円でCがやや大きい円です。A自民党員母集団は、B・Cと一部重なりますが同心円は構成していない< と分析しますが、どうでしょうか!?---→よって、石破氏の党員票45%獲得は、自民党的には決して誇れるものではない。


なんちゃって自民党員を含めて、ようやくこの結果となるならば、石破さんが安倍さんに党員票では肉薄したと結論付けるのは、単なる早とちり。石破さん支持者は次の展開をにらんで、ある程度の爪痕を残したと考える向きもあるようですが、そのへんの判断は次回の党役員人事及び内閣改造で、どれだけ石破さんに近い代議士が抜擢されるのか?この辺で自民党全体での安倍さんの求心力が推し量れるというものです。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事
ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople