FC2ブログ

何を大げさな

さすがに朝鮮半島は地盤が安定してるらしく、地震なんて滅多に起きんからちょっと揺れただけでも世界の終わりのような大騒ぎらしいですな。元々国家自体の危機管理能力が低いところですから、事があれば普段の傍若無人さはどこへやらあっというまに悲劇のヒロインを演じる。う~ん役者じゃのう。
もっと大きい規模の地震が起こったら、大混乱起こして簡単に原発をメルトダウンさせそうな気もする。そうなると偏西風に乗って・・・考えただけで真冬並みに寒くなってきたわ。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

韓国で原発の廃炉が決まったらしいが

これはうまくいくのかな?もし失敗すれば日本に対する影響は計り知れない。まずこの原発の場所が釜山に有り、よりによって韓国の中で、一番日本に近い地域である。ここで原子炉暴走でもして爆発ということになれば、偏西風にのって大量の放射性物質が、日本(特に日本海側)に降り注ぐことになってしまう。

MERS対応のずさんさでもわかるとおり、ことが起きれば後手後手に回り被害を大きく拡大させることになるのは、悲しいかな予想できる。まして、日本憎しの感情が渦巻いていることからすれば、わざと暴走させ間接的な核攻撃を仕掛けてこないとも限らない。この廃炉で経験を積み将来の廃炉ビジネスに、韓国は乗り出すとの噂もあるが正直韓国に任せて安心と思う国があるのだろうか?

ここで廃炉が決定された原発は約40年経過しているものなのだが、日本にはこれより老朽化した原発がごろごろしている。その上電力会社の都合によりこのようなものが次々と再稼働される可能性もあるのだ。原発の安全神話が崩れ去ったにもかかわらず、新安全基準の適用により、再稼働ありきで議論を進める日本。この矛盾をいかに解消するつもりなのだろうか?
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事

不備のある原発再稼働ってメリットあんのかいな。

川内をはじめとするいくつかの原発で、再稼働に向けた安全審査がされているが、表面上は審査を経たうえでということにはなっているが、政府・電力会社双方で当然のように再稼働ありきの密約がされてそうだ。でなければ、同じ時期に各電力会社から太陽光発電の買い取りをやめたいという申し入れがされ、特段政府がそれに対して行動を起こしていない。再生可能エネルギーへの転換をはかるという理想は、どこかへすっ飛んだか?都合よく忘れてしまったのだろう。


現在、おいらの地域ではあちらこちらの空き地を利用して、太陽光発電パネルが置かれている。運良く稼働をはじめちまってる施設については、当初の契約期間については信義則によるならば、支払いがなされるはずなのだが、その辺についても怪しくなってくるのかもしれない。こういう状況のせいか、住宅用の売れ行きも怪しくなっているようだ。あてにしていた収入源がなくなってしまうのであれば、当然の成り行きといえる。

但し、元々地震の少ない欧米で研究開発した原子力発電を、安易に導入し交付金等で地方自治体を誘惑し、この狭い国土に50カ所を越える発電所の建設推進をした国・電力会社は、自ら作り出した安全神話の破綻を見ても、なおこの暗示にすがらねばならないという、思考停止以前の状況になっている。世界的に核廃棄物の処理すらままならぬと言うのに。
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
関連記事
ぽちぽち
私を登録 by BlogPeople